佐田岬灯台100年記念特設サイト

HISTORY

写真:佐田岬の灯台アップ

佐田岬灯台は、
日本一細長く突き出た佐田岬半島の先端にそびえ立つ、
白亜の灯台です。

対岸の関崎灯台に代わって、
立地上豊後水道の航行安全の主役を務める形で建設され、
レンズ、灯器類一式を同灯台から移設し、 大正7年4月に点灯されました。

昭和41年5月、電波灯台レーマーク・ビーコンを併設。
豊後水道を往来する、船舶の安全に大きく寄与しました。

佐田岬の南沖合650m付近には
黄金碆(おうごんばえ)という岩礁があります。
ここは、潮流が速く、通航船舶の障害となっていました。
航海の安全を守るため、昭和25年9月、岩礁上に灯柱を設置。
しかし、灯柱の保守作業は大変危険なものでした。

そのため、昭和51年佐田岬灯台から
岩礁を照射する方法(黄金碆照射灯)に変更。
管理の合理化と、船舶通航の安全に大きく貢献しました。

灯台までは、駐車場から灯台までおよそ1.8km。
樹生林の間を縫うように舗装された遊歩道が続いており、
徒歩で約20分程度かかります。

途中、長い坂道や階段もあるので
運動に適した服装での散策がおすすめです。
灯台の手前にある椿山展望台からは、
九州を背景に灯台を一望することができます。
晴れた日の灯台からの景色は最高!
豊予海峡をへだてて九州を間近に見ることができます。

灯台のある岩壁には、旧陸軍の豊予要塞の砲台跡があり、
遠くなった戦前の面影を残しています。

歴史のロマンを感じさせてくれる、佐田岬灯台。
これからも、佐田岬のシンボルとして
うつくしい海を照らし続けてくれることでしょう。

灯台データ
  • ■所在地
    愛媛県伊方町正野
  • ■灯台の高さ
    18m
  • ■灯りの高さ
    48.7m(平均海面から灯りまでの高さ)
  • ■沿革
    大正7年(1918)
    初点灯
    平成10年(1998)
    海上保安庁「日本の灯台50選」に選ばれる
    平成28年(2016)
    「恋する灯台プロジェクト」において「恋する灯台」認定
    平成29年(2017)
    国登録有形文化財認定
写真:佐田岬の灯台アップ
ボタン:TOPへ